CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
MAMALAID RAG2
MAMALAID RAG2 (JUGEMレビュー »)
MAMALAID RAG,田中拡邦
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
shining boy & little randy
動物映画には涙腺弱者なあたし。
泣くとわかって、泣くの承知で映画館へ。

だって、昔武田鉄也が出てた象の映画であたし大号泣したもん、
だから象さんの話にもめっぽう弱いのよ、
って恋人くんにも予め言っておいたのに。

ほらほらほらほら、テツムが落ちそうになった滝のように涙が流れ落ちるじゃないのー!

見かねた恋人くんも、あたしの滝をすくい上げてくれたほどだわよ・・・。

柳楽優弥くんの頑張りを、親に認めて欲しい自営業の子供の気持ちを、
動物に対する人間の真摯な態度を、子供を思う親の気持ちを、
人が、動物が共存すると言うことを、
あたたかく教えてくれるとても素晴らしい映画でした。

冗談で武田鉄也の映画について触れたけれど、
主人公テツム(実在する人物)は、この映画と関連しているとは!

終始、ヒグッって泣き続けたあたしでした。。。

ランディとテツムが砂浜でじゃれているシーン、最高によかったなぁ。

星になった少年、おすすめ度MAX!☆☆☆☆☆
| cinema | 17:54 | comments(3) | trackbacks(1) |
STAR WARS
愛する人を護るために、ダークサイドに魂を売ったスカイウォーカー、
愛する人の過ちをただすことが出来ずに死んでいったパドメ、
愛する弟の教育を間違ったと後悔するオビワン。

正直内容はきついものがあるのだけど、
そんなこと言ってられないくらい興奮指数高まるCGクオリティ!

やばい。

なぜにアナキン、そこまでねじ曲がってとらえるんだ!
って、頬をペシペシ叩きたくなるくらい歯痒い展開。
悲しい結末。

ダースベーダーが、まさかあんな姿になったアナキンをこんな風にしてつくりあげられてたものだなぞと想像もしてなかった。
(顔を知れたくなくて、マスクを被ったんだと思ってた・笑)

まだ観ていないあなた!今すぐ観てきなさい!

そしてあたしは456を続けて観ます。
ツタヤの会員にならんば〜。
| cinema | 16:57 | comments(7) | trackbacks(0) |
茶の味
遅ればせながらようやく観ました。
お待たせしちゃってごめんなさい(笑)

毎日縁側で飲むお茶。
家族で飲むお茶。
一人で飲むお茶。

ほっと一息つけるそのときに、
自分の大切な人たちがまわりにいる。

普段は何も感ずることのない瞬間を、
一コマ一コマ切り取って、
色鮮やかに映し出してくれた、
おいしい空気で深呼吸をしたときのような、
そんな晴れやかな映画でした。

なんだか今日は無駄に頑張っちゃったよ!
独りでに熱くなっちゃったよ!
気付いたら没頭してたよ!
そんな家族の、その中のひとりひとりを、
またその中のひとりがそれぞれの家族を観て過ごす日常。

不思議なようで、でもわたしたちはその不思議なことを日々繰り返しているのだと、
今いる生活をとてもいとおしく思えたのでした。


茶の味 グっとくるBOX
茶の味 グっとくるBOX
| cinema | 17:01 | comments(2) | trackbacks(1) |
Lovers
Zガンダム第2部「恋人たち」前売り特典付きチケットを求め、
シネリーブル博多へ。

という名目で、もう一度第1部「星を継ぐもの」を観る。
初日でもないし、人は少ないだろうな、と思ったら、
整理番号順で館内に入らねばならないくらい、
そこそこ人が入っていました。

殿方率高し。

整理番号では、2番3番だったので、悠々自適で一番好きな場所に座れ、ご満悦。
いつもはトイレに立つ恋人くんもやっぱりZとなると、一度も席を立つことなく鑑賞。
(時間も短いしね)

2度観た方が、味わい深く面白い。

2部は、10月29日上映決定!と、1回目観たときは決まってなかったので、
予告の時にはなにもなかったんだけど、
今回はジャジャーンと出てきたので、
すんごーく10月29日が特別な日のように思えてきました。

当日は結婚式なので、翌日福岡で観にいくぞーぃ☆
そして、そのまま新婚旅行へ旅立ってきます。
どこいこ?
| cinema | 09:49 | comments(6) | trackbacks(0) |
復習
7.9のエピソード靴望判爐鬚△錣擦襪戮、
金曜ロードショーで、エピソード気鯤映。

1999年上映だったから、もう6年も経つのか。
所々忘れているシーンを再確認しつつ、
途中後輩くんからの電話応対をしながら(笑)の復習タイム。

来週は、兇放映されるので、じっくり家で鑑賞しなければ。

気了は、ライトセーバー持ってきた友達と鑑賞し、
兇了は、恋人くんと、
靴了は、きっとSOH兄さんがコスプレで楽しませてくれることと期待しています。
あたしはやっぱりアミダラでいくべき?
| cinema | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
機動戦士Zガンダム−星を継ぐもの−
公開初日に観て参りました!
場内に入ったら、あまりの人の多さにびっくり。

まわりみーんなメガネっ子。
メガネ、メガネ、メガネ。
あたしよりちょっと年上のお兄様方がゴロゴロ。

ちょっとね、異様なくらいに伝わってくるわけ。
熱気がすごいったら。

随分待たせてくれちゃって!
でも待った甲斐があったよ、ってほんとにお兄様方嬉しそう。

その熱に押されながら観たZガンダム・・・
もうねなんでガクトが歌ってんだよ?!っていう怒り通り越して、
ガクトかっこいいー!って思ってしまっちゃったし、
鳥肌たったもんね。ぶわー。

のっけからこれですよ。
わたくし100分も耐えられるのかぴら?
って心拍数相当あがってみたZガンダムは予想以上に面白かった。
これはね、前もってZをみてるひとじゃないとわかんないね。

ま、Zをみてない人ってこないんだろうけど(笑)

次回のLOVERSは10月とのこと。
月の最終土曜日に公開だったら、式抜け出して行きますか?(笑)

もう一回みたい・・・。
あたしと恋人くんは3部のサブタイトルが何だか当てっこするくらいおかしくなってます。

観てない人ははやくみてきてね。
Zトークしましょう!

PS.帰りにパンフレット買ったら(観賞用と保存用)すでに限定プラモは完売とのこと・・・。
んもう、熱すぎるってば(笑)

誰か買った人いませんか?

| cinema | 15:11 | comments(7) | trackbacks(4) |
ネゴシエーター
交渉人真下正義。
テンポ良く進む内容に満足度100。

一定の年齢層にだけウケる映画とは違って、幅広い層に指示されるのがよくわかる。

踊るの青島くんの現場が、寺島進演じる木島さんの現場へ。
勘なんだか何なんだか、木島さん最高。

最後に真下とユキノさんがしあわせそうでなによりでした。
| cinema | 10:50 | comments(0) | trackbacks(4) |
真夜中の弥次さん喜多さん
アタマパッカーン!

愛する人がいることで、「リヤル」を感じている弥次さん。
「リヤル」を求めて翻弄する喜多さん。

極端なふたりのようで、実はお互いの中をぐるぐる駆けめぐっているという、
端から見ればそうとう幸せな2人。

でもね、恋愛の王道というか醍醐味というか、こういう経験ってあるよねって納得させられちゃうのがなんとも不思議。

どんなにありえない想定でも、勝手に自分のリヤルに重ねてしまう。
つまりはあたしもリヤルを素直に感じられる位置にいるということなのだろうね。

リヤルから遠ざかっていくのが怖い小池栄子の迫真の演技がこの映画に深みを与えたのは言うまでもありません。

昼でもアーサー!夜でもアーサー。
とろろ汁たべたいなぁ。
| cinema | 14:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
早朝
9:05上映の映画をみるため、7:30に家を出るicco。
朝日が眩しいぜ。

8:20に恋人くん邸におむかえにあがり、久留米Tジョイへ。

期待通りの人の少なさに若干寒気を感じる場内。



思わず写真撮ったは良いが、ホラー嫌いなあたしが米国版RINGのパネルを撮ってしまうとは・・・。迂闊。
| cinema | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベルヴィル・ランデブー
繊細すぎるほど、人間をリアリティある姿で描写。
ここまで滑稽に、ある意味気持ち悪く描けるのもすごい。

あー、いるいるって何度うなずいたことか(笑)

幼少の頃から、孫シャンピオンを見守ってきたおばあちゃん。
そこに会話がなくとも、想う気持ちの壮大さははかりしれない。

海を越え、マフィアの前で変装をし、自分の靴でやっつけてしまう、
そんなたくましさ、素敵です。

期待以上の色遣い、歯切れの良い展開、あっという間の時間でした。

ぜひ劇場でご覧いただきたい作品です。

フランスアニメッ!
| cinema | 11:11 | comments(2) | trackbacks(1) |
このページの先頭へ